Connecting...

W1siziisijiwmtyvmdkvmdkvmdivmjivntcvmjkvc3vjy2vzc2z1bc1pbnrlcnzpzxdpbmcuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilciymdawedmwmfx1mdazyyjdxq

面接を成功へ導くために

事前準備が適切であるほど、成功を手にする確率は高まります


面接前には

応募先企業のウェブサイトをチェックし、会社の歴史や事業内容、オフィスの所在地、関連企業/ニュースを把握しましょう

応募先の企業様の競合相手、業界のトレンドをリサーチしましょう

可能であれば、アニュアルレポート等のパンフレット資料を入手しましょう

リハーサル、リハーサル、リハーサルを繰り返しましょう。面接では、その場で答えを考えなくてはならない事項を、どれだけ事前に減らしておけるかがカギとなります。そのためには、一にも二にも練習です。


質問を用意する

面接は、双方向的なプロセスですので、相手の企業様やご自身の要望との「フィット感」を、お客様がより深く知る機会にもなります。また、お客様の方から企業様へ質問をすれば、『その仕事に強い興味を持っている』という、好印象を残すことも出来ます。


しっかり準備してきたことをアピールする

面接では、企業様のホームページのプリントアウトや、用意した質問表などの資料を取り出して、面接の中でそれらについて触れましょう。こうすると、あなたが入念な準備をして面接に臨んでいること、つまり、その仕事の獲得に真剣であることが、面接官の頭の中で視覚的にもはっきりします。


予想される質問への答えを用意する

自己アピールの文言を考えましょう

これまでのキャリアについて、その道を選んだ理由を考えましょう

長所を言えるようにしておきましょう

前職では、その長所をどう生かしたかを考えましょう。具体例が必要です

ご自身の弱点を言えるようにしておきましょう。これは、弱点を自覚していて、カバーの仕方を知っているとアピールするためです。例えば、プレッシャーに弱いのが弱点であれば、きちんと順序立てて仕事を進めることで対処しているとアピールしましょう。

応募している仕事について、不安な点を書き出しておきましょう。


面接の締め方

面接官から「うちで働いてみたいと思いますか」と聞かれたら、心が決まっていなくても「はい」と答えましょう(じっくり考えた結果、断ることにした場合は、弊社から企業様へ折り返し理由を説明いたしますので、ご安心ください)。次に、「この後は、どうすれば宜しいでしょうか」と聞きましょう。面接の時間を取って貰ったことに感謝しましょう。今は、自分自身をアピールする最後のチャンスです。面接では、第一印象が肝心ですが、面接の最後に残す印象も、それに劣らず大切です。


コンサルタントとのフォローアップ

企業様は、通常、お客様から面接の感想を貰えることを喜びますし、お客様へフィードバックを返すことにも熱心です。つまりここでは、情報を自由に交換できる可能性があります。そのために最善なのが、間に弊社のコンサルタントを挟むことです。